遺産相続について

遺産相続で仲良し家庭だったのに大喧嘩、疎遠な関係に・・・とはよく聞きますが、身近では幸い(?)、まだ聞いたことがありません。父方の祖母・母方の祖母はどちらも亡くなっていますが、遺産相続時は特にもめなかったと両親から聞きました。最近母から、母の友人の近所の人の話として聞いてきたのは、とある名家の方が亡くなったそうなのですが、私の地方では一般的に長男が仏壇を持ちお墓の管理もするため、遺産を多めにもらうのが通常ですが(確かに行事ごとが多いので、長男嫁はとても大変)、その子供たちのなかの女の人の旦那さんが法律に詳しい人だったのかいろいろと口を出して仕切り、法的には平等だ!と、お皿一枚一枚まできれいに平等に分けたとのことです。それ以降兄弟仲は悪くなってしまったとか・・・この話はまだいいほうだと思いますが、あまりにお金を持ちすぎているのも、遺産相続でもめそうで嫌だなー、将来なるべく遺産を残さないようにしようと思います。

私の節約について

私はかなり節約するほうだと思います。何にお金をかけるかは人によって違うかと思いますが、主人によると私はそれが極端だということ。主人はどちらかというと物欲が強いほうで、何でも高級品をほしがり、インテリア等も高いものをかって満足しているのですが、私はあまり物には執着しないタイプで、旅行や美味しいものを食べる等にお金を使いたいタイプです。いつもそのために節約しお金をためているという感じで、たとえば衣類には全くといっていいほどお金をかけないので、主人は私をけちけちしすぎだといいます。が、私はメリハリをつけたいのです。自分が必要でないものには徹底してお金を使わない、使いたいものには惜しまず使う。衣類の節約はブランド品にこだわらなければ簡単です。私はよく隣の市のリサイクルセンターで洋服をただで貰ってきます。また、洋服を買うにしてもネットオークションで安く購入しています。これだけでも年間に数万円は被服費を節約できていると思います。

お金を稼ぐことについて

金儲けをするのはいやしいことだ、というような考え方もあるようですが(特に日本ではもしかしたら外国よりその意識が強い?)、私は全くそうは思いません。お金を稼ぐのは大変だし、頭もしくは体、場合によっては両方を使わないとできないこと。沢山努力した人がその能力を使ってお金をしっかり稼ぐのは当然のことだと思います。ましてやお金をたくさん稼いでいる人はたくさん税金を納めているわけだから、働けるのに働かずダラダラと生活保護を受けているような人たちはそういう人のおかげで生きられていると感謝するべきです。お金がたくさんあれば自分だけでなく人のために使うこともできる(実際、海外の高額納税者はよく多額の募金をしています)。私の子供たちはまだ小学生ですが、大人になったらしっかり自分の力でお金を稼ぐこと、そしてそれを無駄に使わないこと、何に使うかをしっかり考えてから使うこと、と今のうちにしっかり教えておかなければと思います。

老後のために自分年金を作り始めました。

私は浪費癖がありましたので仕事で稼いだお金はすべて使ってしまっていました。そのため銀行口座にはいつも2~3万円しか入っていません。しかし現在日本では財政難なので私達の世代では年金をもらえるという保証はありません。そのため自分年金というのも作っておかなければいけないと思いました。

最初に浪費癖は直さなければいけないと思いました。特に無駄な外食は控えるようにしてなるべくスーパーで食材を安く買って自炊するようにしました。自炊してからは月に1~2万円ぐらい節約出来ましたので貯金に回す事にしました。自炊すると健康にもいいので一石二鳥でした。

最近インターネットの発達により副業もインターネット上で出来るようになりました。仕事が休みの日にパソコンで副業すれば月2~3万円の収入を得る事が出来ました。この収入を貯金したり投資にも少し回しています。

節約や副業をして老後になっても安心して暮らせるように自分年金はしっかり用意しておかなければいけないと思いました。